把握しにくいお葬式の概要を大田区で理解する

費用を抑える方法はいろいろある

私の事例では告別式も行わず火葬をした後すぐに埋葬したので、この低費用になった経緯もあります。
中でもお通夜の影響は大きく、事前説明の時に提示された料金はお通夜だけで30万円程の費用でした。
この事から用意できる予算が少ない方は、できるだけ参列者を少なくし火葬とお経のみで埋葬できる方法の検討をお勧めします。
さらに一番諸経費で掛かるのは戒名で、格付けの高い戒名を付ける場合はそれだけ費用も肥大化する傾向があります。
その中でも院や居士といった字を使った物は非常に高いので、叔父様の時では信士という漢字で戒名を構成してもらいました。
加えて今回大田区に依頼した時は、事前にお坊さんが精進落としを辞退する事が分かっていたので、お膳料が必要になりましたが総合的な費用は低料金になって助かっています。
お車代も葬儀屋さんがお坊さんの送迎を手配していたため、請求した料金に既に加算されているので納める必要はないと言われました。
他にも読経の工程を省く等費用を抑える方法はありますが、親しい間柄でもあったので今回の依頼規模になっています。

お葬式には100万円くらいかかる費用を抑える方法はいろいろある関係者全員に知らせないのはトラブルのもと

大田区 お葬式大田区民葬