把握しにくいお葬式の概要を大田区で理解する

お葬式には100万円くらいかかる

私の年齢と父と母を含めた親族達の年齢が近い影響もあり、先日50代にして初めてお葬式の準備をする事になりました。
亡くなられたのは父方の叔父で、初めての準備という影響もあり葬儀屋さんに詳細を聞きながらの準備になった事が一番大きな体験です。
まずお葬式は埋葬対象者が医師からの死亡判定を下された後、24時間が経過しないと火葬を含めた埋葬ができません。
なのでこの24時間の間に埋葬先や墓地の準備等をする必要があり、一番苦労したのが家の宗派の確認です。
宗派によって担当してもらえるお坊さんも違うので、親族で分かりそうな人を見つけては聞くという作業を2日程続けていました。
しかしこの確認が終わると今回依頼した大田区の葬儀屋さんは、1日経たずに依頼するお坊さんの準備を始めた上にお葬式の形式等も順調に決定できた点が良かった事です。
中でも形式は予算がそんなに用意できなかった事を相談した結果、密葬にしてもらった点が大きな影響力を持ちました。
この方法は身内だけで行う上に故人の生前に仕事等でお世話になった人さえも呼ばないので、用意する資金はかなり抑えられます。
結果最終的な予算は40万円程度で済み、詳細な内訳は火葬を含めた内装で凡そ20万円程度、お坊さんのお布施に20万円程度です。
参列者を身近な人に限定している為香典による収入で、掛かった費用の負担を軽減する事はできません。
ですが一度大田区の葬儀屋さんに相談した大規模なお葬式は、費用が100万円程度掛かるのでその点を考慮すると今回は非常に低価格で済んだので安心しています。

お葬式には100万円くらいかかる費用を抑える方法はいろいろある関係者全員に知らせないのはトラブルのもと

大田区 お葬式 / 大田区民葬